アマミブログ@遊戯王

中野や吉祥寺に出没する遊戯王プレイヤー、アマミの遊戯王ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

口づけに重ねた願い

新しいカードの登場でデッキ自体の安定性を増したセイクリッド
元々プレアデスを積極的に展開して場を制圧していく戦術でしたが基本的な展開はスピカからエスカを出すものを主軸にしていました。
上級モンスターを主軸にする都合上徹底した安定性は追求出来ないものだと考えてましたがカウストの登場で一変、従来の構築から上級を外しながらも今まで以上に安定したプレアデスの展開が可能になりました。





セイクリッド・カウスト
効果モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻1800/守 700
このカードはシンクロ素材にできない。 フィールド上の「セイクリッド」と名のついた モンスター1体を選択して以下の効果から1つを選択して発動できる。 この効果は1ターンに2度まで使用できる。
●選択したモンスターのレベルを1つ上げる。
●選択したモンスターのレベルを1つ下げる。


カウストのレベル変更は中々強力で、展開札のポルクスから流れるようにプレアデスが出せます。
実質妥協召喚出来るレベル5で、サイバードラゴンや簡易融合を握っていても強いです。
攻撃力は1800、下級との殴り合いには十分に使っていける数値です。
これを使った展開が強いからセイクリッドが成り立ってるもので、余程のことが無ければシェラタンやエスカではこのカードをサーチしていきます。
既存ギミックとのシナジーも強く、リビングデッドで蘇生しても効果が使えるのもあって、3枚積む以外の選択肢は見当たりませんでした。
事実これをデッキに入れて以来あらゆる勝ちデュエルにこのカードが絡んでいます。
場に残してやれば次のターンも使えるんですから便利なものです。





基本的にはプレアデスを主軸にしたビートダウンを行います。



セイクリッド・プレアデス
効果モンスター
ランク5/光属性/戦士族/攻2500/守1500
光属性レベル5モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、 フィールド上に存在するカード1枚を選択して持ち主の手札に戻す。 この効果は相手ターンでも使用する事ができる。





召喚権は1ターンに一度なので、相手がモンスターを召喚→これをはじく→次のターンダイレクト→相手がモンスター召喚………
なんてこともできます

基本は相手の大型モンスターに照準を向けて、振り払うのに徹します。
打点で勝るモンスターには戦闘破壊を、打点を越えてくるモンスターは除去を、簡単ですね。
こうして召喚するまでに消費した手札分、相手に損害を与えていきます。ついでに相手のテンポも大幅に遅れてるなら尚良いです。

序盤から終盤まで活躍するモンスターで、制圧から切り返しと、兎に角便利です。

弱点となるカードも存在します。
一つは月の書にブラックホール
単発除去も苦しく、効果を生かせずに死ぬのは美味しくないです。
これらは聖槍等で旨くカバーしたいです。
先行でドヤ顔するにはプレアデスだけでなく、これらの対策カードもしっかり使いましょう。

どうしようもないのが、バウンスしてもすぐに出てくるモンスター(今回は霞の谷の雷鳥を含まないものとするキリッ)
現環境ではヒュペリオンや開闢、ダムドがそれに当たります
除去持ちの高打点は相手したくないです。
気を付けようが無いのが辛く、急に出てきてはほぼ間違いなくプレアデスが倒されます。
幸い墓地を注視していれば飛んでくる可能性のある脅威としてカウント出来るので、しっかりした対策を温存しながらデュエルに望めます。





セイクリッド・トレミスM7
効果モンスター
ランク6/光属性/機械族/攻2700/守2000
レベル6モンスター×2
このカードは「セイクリッド・トレミスM7」以外の 自分フィールド上の「セイクリッド」と名のついたエクシーズモンスターの上に このカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。 この方法で特殊召喚した場合、このターンこのカードの効果は発動できない。 1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、 自分または相手のフィールド上・墓地のモンスター1体を選択して 持ち主の手札に戻す。

トレミスM7は場のセイクリッドエクシーズを素材にして現れるエクシーズモンスター。
後述の聖痕とのシナジーも強く、自身の性能もかなり良好です。

自身の召喚条件から以下の運用が思いつきます。
・ヒアデスで処理できない守備を持つモンスターの処理
・エクシーズ素材の無いセイクリッドエクシーズを次のターンに新たな役割を与える
・リビングデッドと相互破壊関係の持つセイクリッドエクシーズを使う
・奈落警告チェッカー
・聖痕でドローを重ねる
・いざという時の打点付加

恐らくは二番目と五番目の役割で使っていくのが殆どです。

打点2700とは数々の上級モンスターを超える数値です。シエンやスターダストも超える打点を舐めてはいけません。
自身の打点不足が問題だったヒアデスも劇的に使いやすくなりました。使う機会あるかは別問題。



自身の召喚効果で出てきた場合、効果起動までに1ターンのタイムラグは生じるものの、この打点を踏み倒されることはあまり無く、除去からしっかり守ってやればトレミスM7の効果が火をふきます。

肝心の自身の効果は、相手カードをバウンス、並びに自分のモンスターをサルベージすること。
相手カードのバウンスなんですが、自分のメインフェイズにしか使えないプレアデスです。正直使う場面はあまり無い印象です。
自分のモンスターをサルベージする効果がメインになります。ヴェーラーを延々回収して甲虫装機等の一体のモンスターから展開するデッキはこれで積みまで持っていけます。
自身の特殊な召喚方法を用いて場に出すと、そのターンは効果が使えないデメリットをヴェーラーで相手モンスターをいなし、返しのターンで効果を使っていきます。狙えるならヴェーラー回収も視野に入れます。
状況に応じたサルベージ、不要ならバウンスを駆使して戦うこのカードはセイクリッドの一つの強みです。ランク3~5までのセイクリッドエクシーズからアクセス出来るので、何時でも生かせるようにいきたいですね。




セイクリッドの聖痕
永続魔法
自分フィールド上に「セイクリッド」と名のついたエクシーズモンスターが特殊召喚された時、自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。 この効果は1ターンに1度しか使用できない。

手札からの展開を基本にするために出したら出した分だけ手札が減ります。
このカードはその問題を解消する事が出来ます。
小難しいことは一切なく、セイクリッドエクシーズを展開する前にこのカードを張ります。一体出せればこのカードの損失は取り戻せ、もう一体出せればアドバンテージになります。
永続魔法故にサイクロンの的ですが、それなら1:1交換になりますので余り気になりません。 一体セイクリッドエクシーズの展開した上でサイクロンを喰らうものならアドです。
前述のトレミスM7とのシナジーも強く、一体セイクリッドエクシーズを維持すればどんどん手札が膨れます。
召喚無効に気を付けたいですが、これは手札にサイクロン等でしっかりケアしていきましょう。そもそもセイクリッドは一回の召喚無効が致命打なのでそれをケアするカードは入れるはずです。

このカードの真の強みは、リビングデッドとのシナジーの強さです。
リビングデッドで相手のエンド時にセイクリッドエクシーズを出して1枚ドロー、自分のターンにトレミスM7にして1枚ドロー。単純ながら強力で、トレミスM7が除去られてもアドは取れてます。

回った後の爆発力が凄まじく、ある程度の事故を考慮しても3枚積みたくなるカードです。
DT13弾の時は、使い勝手の良くないカードでした。そもそも二種類しかいなかった上、マトモに使えるセイクリッドエクシーズがランク5のプレアデスだけですからね。

今はランク4のオメガやビーハイブ、あらゆるセイクリッドエクシーズに重ねれるトレミスM7も居ますから出世したもんです。
安定した展開札のポルクスがだぶついても打点3400を作りながら効果を狙え、息が続かなくてもトレミスM7にすれば次のターンの使用も見込める。
今回のDTで一番使い勝手の変わったカードです。



シェラタンによる素早いパーツ集めに加えてポルクスからの展開と、カード間にシナジーが強く刻まれてます。
勿論それはセイクリッド内に収まるものではありません。


・サイバードラゴン、霊魂の護送船、簡易融合

これらのカードはプレアデスの展開に大きく貢献します。

サイバードラゴンは打点2100のアタッカーに加えて、ライオウ殺し、更には機械族全般のメタになります。
単独で行える行動一つ一つに大きな役割があり、尚且つセイクリッドを動かしやすくする力があります。

霊魂の護送船は中盤~終盤にかけて使い勝手の良いモンスターになります。
簡素且つ簡単な召喚条件の性質上、他の2枚と比べ序盤から積極的に使っていけるカードでは無いです。
差別点は、条件の許す限り何度でも展開できる事です。
場に左右されず、切り返しや打点要因の増加等かなりマイペースなカードであります。
聖痕等で重ねて引くなら他の2枚よりこちらのが良いのは一目瞭然でしょう。


このカード2枚で



召喚権を使わずに




プレアデスが作れる





それって…………





素敵やん











簡易融合は上記2枚より遥かに繊細な動きを可能にします。
エクストラデッキの圧迫にライフコスト、この厳しい条件を越えた先はあらゆるセイクリッドモンスターに合ったエクシーズ素材を用意出来ること。
シェラタン出したは良いけど返しが怖い時、これを使って星3のモンスターを出せばシェラタンをランク3エクシーズモンスターに出来ます。
ライフコストを有効活用出来るホープレイの展開にも役に立ちます。
しかし星3と4には光属性の融合モンスターはいません。あくまでこういう動きも出来るということを覚えるだけで良いです。

本命の星5なんですが、奈落に掛からないおジャマナイトか、効果なしの魔導騎士ギルティアのどちらかになります。
昨今の環境は甲虫装機への意識から奈落の落とし穴の採用を見送るケースが増えてます。そこを考えるとどちらでも良いと思いますね。

となると別の所を見ていきたいですね

微妙な差異を纏めると
・連鎖除外に落とされるか否か
・獣サポート、おジャマサポート対応か否か
・ダイガスタエメラルから蘇生できるか否か
・シンクロを視野に入れる際の種族恩恵
こんな感じ

何気ない展開札ですが、これ1枚は自分のデッキに合った微調整を行える素晴らしいサポートカードです。


留意することもあります、簡易融合はあくまで「エクシーズサポート」以外の役割を持ち合わせていないこと。
サイバードラゴンや霊魂の護送船は最悪アタッカー位はこなせます。
このカードはそれすらできません。星を持っただけの置物を出すだけです。そこは覚えておきましょう。
もう一つ、発動は1ターンに一度しか許されていないこと。召喚反応系を当てられると目も当てられません。上記2枚は条件の許す限りは重ねて引いても問題無いですが、このカードはそうなると弱いです。枚数はよく考えましょう。



オネストやエフェクトヴェーラーも個人的に必須の域にあると思います。
手軽な条件で相手の思惑に誤算を与えれるのは、何時でも動きに介入出来るプレアデスの存在から他のデッキより大きく、トレミスM7での回収も有って魔法罠より利便性があります。
滅多にありませんが、この2枚を持っていればオメガがほぼ無敵になったりします(笑)
聖痕で大量ドローしてバック強くしても大嵐されたら台無しですからね。
妨害されにくいので切り札を出してる時に引けば安心出来ます。
無論、オネストはともかくヴェーラーはセイクリッドの動きに一切関係ない上、あくまで効果を一時的に無効にするだけだから半端な投入枚数は微妙かもしれません。自分にあった枚数を見つけましょう。


本日はこれで終わり
次に紹介するときは対セイクリッドへの心構えや、セイクリッドが対DT勢と戦うとどうなるのか等を書きます。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/27(金) 07:58:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

鐘を鳴らして君に知らすよ。

DT稼働日やん
友人が吉祥寺じゃM7は4,000超えたとかいうの


中野見たら1,500やったの
3枚買うやん
DT2,000くらい回すやん
M7の総数こうなるんよ



なんやこれ



ウロボロスどこー?











後で友人と合流


友人「M7余ってない?」
僕「ウロボロスない?」
友人、僕「あるよ」





交換成立



残り1枚どうしょう?
  1. 2012/01/24(火) 22:01:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

欲しいだけ欲しくなる

そんなわけでHEROの話


HEROデッキ、と言うかアナザーネオスビートだね
最近のはバブルマンを入れて早期にエクシーズモンスターで攻めるパターンも取り入られ、つかってて楽しめるようになった


今回は僕のHEROデッキを晒してみます。


 


モンスター
3枚 E・HERO アナザー・ネオス
1枚 E・HERO エアーマン
2枚 E・HERO バブルマン
1枚 グローアップ・バルブ

魔法
3枚 強欲で謙虚な壺
3枚 E-エマージェンシーコール
3枚 ミラクル・フュージョン
3枚 デュアルスパーク
2枚 超融合
1枚 増援
1枚 月の書
1枚 大嵐
1枚 未来融合ーフューチャー・フュージョンー
1枚 ブラックホール
1枚 死者蘇生


2枚 ヒーローブラスト
2枚 神の警告
2枚 次元幽閉
1枚 神の宣告
1枚 激流葬
1枚 奈落の落とし穴
1枚 聖なるバリアーミラーフォースー
1枚 因果切断
1枚 連鎖除外
1枚 ダストシュート


モンスター枚数の少なさから事故るかと言われたら答えはNO
四枚体制のHEROサーチ、加えて剛健あるんで実際かなりの割合で初手にモンスター来ます。
単独で強いカードも豊富に揃えてあり、仮にモンスターを引けなくても一方的になることはあまりないです。
バブルマン、これが使うと強いと実感できるカードでデュアルスパーク警戒でアナザーネオスに積極的に警告を打ってくるライフ軽視な相手にブレードハートを打ち込んだり、zeroの素材調達に貢献できます。
厳しい条件を乗り越えた先のドロー効果は、基本無いものと思います。

色々いじっているのでまた構築は変わっていくかな?
とりあえず大会での戦績は余りよろしくないんでもっと精進していきます。
  1. 2012/01/23(月) 11:32:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緊急募集

クレイマンのノーパラ2枚募集
売ってる店の情報とか、私持ってるあるよという人が居たら是非コメントお願いします!!
  1. 2012/01/14(土) 07:45:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瞳の奥の秘密、吸い込まれそうな

大会レポート

1月9日
遊bic中野店非公認大会
使用デッキ
六武衆
2勝2敗

一回戦
甲虫装機
○××

先行シエンで終止ゲームを支配し続けて勝ち

相手のが早く、センチピードに奈落し続けたのにリヴァイエール2体に展開され負け

警告宣告打ってライフ3000、終末とカーガンに殴られ負け
デッキ見たら影武者影武者影武者カゲキカゲキと固まってた、そりゃねーぜ!!

二回戦
墓守
×○○

いっけにーえー!

忘れた

先行生け贄されるもモンスター無し、返しに嵐使って狼煙で御霊代引っ張って召喚、キザン展開してアド差を絶対的な物にする。相手返せず勝ち。


三回戦
TG代行
××

忘れた…………

先行シエンに強制脱出の構えにワンダーマジシャンが襲い掛かる。
当然これに打ち込むも、続くヴィーナスからブラックミスト作られ突破される。
これの処理にかなりてこずり、リソース失って負け


四回戦
ジャンクドッペル
×○○

先行シエンにキザン展開してブラフ3伏せ
相手援軍から皿展開、効果通って大嵐される。
返しにブラックホールやってザンジキザンのダイレクト。
死者蘇生で皿蘇生され一気に苦しくなる。
その後はバックをアーカナイトに剥がされ、トマトとリンチされ負け

忘れた

初手モンスター引かない
相手の攻め手がかなり強く、カードガンナーとスターダストのダイレクトをもらいいよいよ後が無くなるところで門結束道場が揃う。
カゲキ召喚通り、キザンキザンキザン師範並べホープ、荒行からエニシ立ててローチ、道場から影武者を呼んでシエン並ぶ。
一気に攻め立て相手を一気に追い込むも、ブリューナクブラックローズにローチを遣わされ、
続く皿にシエン消され、誘惑通って開闢まででてホープ消える。相手1伏せエンド。
返しサイクロンで伏せ割って門でエニシキザン並べ、門効果のパンプアップで師範強化。
バトルフェイズに師範で皿割ってエニシ効果で開闢戻してダイレクトで勝ち。


回し方間違えて負けた試合、展開が半端になる試合が多かった印象
マッチ一戦目を落とすことも多かったし、プレイングの見直しをしよう。
甲虫装機との試合はハッキリ言うとそこまで不利では無いです。寧ろ強烈なメタカードを勾玉で守れる分勝機は十分あります。
問題はTG代行で、こちらのバックを全て踏み倒して展開し、ヒュペでこちらの場を握りつぶして来るためかなりやりにくいです。
ぶつけてくる札一つ一つが圧倒的で、シエン出しても全然安心出来ません。
専用のメタカードを投入する事を決意しました。詳細はまた後日。


因みに今回はレシピを見せません、大会参加時はデッキ42枚になっててソッコー改良して覚えてないです。
  1. 2012/01/10(火) 22:59:16|
  2. 大会レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アダムとイブの奇跡を追う

今年初の大会レポートだよー


1月7日
遊bic中野店公認大会レポート
使用デッキ
六武衆
3勝1敗

一回戦
インフェルニティ
○×○

2伏せでターン帰ってきたから結束カゲキ影武者で2ドローしたら相手インフェルノ使う
シエン出してキザン2体投げて一体に荒行して全段パンチ通って終わり

永続魔法引かない内に展開してしまい、互いにカードを使っていきあっという間にトップ勝負に
こちらが先にモンスター引き込んで有利が付いたのに相手のトップデーモンから展開されトリシューラくまれる
2ターン位殴られ後が無くなった頃に強制脱出引き込みトリシューラに打つ
その後はモンスター引けずに相手の凶悪なトップに屈して負け

忘れた


二回戦
甲虫装機
×○○

初動のライラに苦しめられる展開、モンスタードコー
殴られまくって後がなくなり、ライフ200までもってかれ、そこでいよいよマトモに動けるように
初動がカゲキ→師範とかなりしょぼいが、門効果でキザン展開
全段パンチでギリギリ終わるはずがエフェクト・ヴェーラー使われカゲキの攻撃力を落とされしとめ損なう。
返しにダンセル展開され負け

暗闇ミラー展開、相手の準備が整わないまま強制脱出でモンスターはじいてリンチして勝ち

モンスターが旨いこと展開できず、妙に接戦になる
途中ゼンマインエニシ師範を展開するもデモンズ・チェーンに阻まれる。
相手センチピード召喚、かなり不味くなり返しのターンにダンセルをもってかれるもこれを召喚せずエンド
このタイムラグが発生したためにキザン召喚、結束で1枚ドローで脱出装置引き込み勝ち
試合後にセンチピードで持ってきたダンセルを召喚しなかった理由を聞いたら忘れてたとのこと、マジか

三回戦
TG代行
○○

忘れた

相手のジャンクシンクロンをエニシで弾いて勝ち
今回も相手のプレイミスで勝てた試合です


四回戦
TG代行
××

いきなり激しい消耗戦になり、相手のヒュペをブリューナクで戻して再度出てきたところを警告する。
防御札を使い切り、相手の玉三体をスクドラで滅ぼす作戦も奈落に阻まれ一気に劣勢に。
相手は場に残った3体の玉とトップしたストライカーでダイガスタフェニクスとアームズエイドを作り一気にライフを削りに来る。
それに対する答えを引けず負け。

トリシュヒュペヒュペー
流石にそれは無理ポ





相手のプレイミスで拾う試合や高打点にごり押される試合が多かった印象
何だかんだでエフェクト・ヴェーラーも手厳しく、カゲキが止まるのが痛い。
ゼンマインは特攻して破壊に勤しむカード。相手曰わくやはりかなり鬱陶しいみたい。
予想以上に脱出装置が強かった。甲虫装機相手にタイムラグを掛けれたり大型のシンクロやエクシーズを退かしたりと、やれることいっぱい。



改善点はそれなりに見つかったからそこを弄って改良していく。

最後にレシピ
エクストラが賢者過ぎた

モンスター


3枚 六武衆の影武者
3枚 真六武衆ーキザン
2枚 真六武衆ーカゲキ
2枚 六武衆の師範
2枚 六武衆のご隠居
1枚 真六武衆ーエニシ
1枚 六武衆ーヤイチ
1枚 六武衆の御霊代

魔法 
3枚 六武衆の結束
3枚 六武衆の荒行
2枚 紫炎の道場 
1枚 六武の門
1枚 紫炎の狼煙
1枚 増援
1枚 大嵐
1枚 月の書


2枚 両刃の活人剣術
2枚 六尺瓊勾玉
2枚 神の警告
2枚 奈落の落とし穴
1枚 神の宣告
1枚 聖なるバリアーミラーフォースー
1枚 盗賊の七つ道具
1枚 強制脱出装置

エクストラ
1枚 真六武衆ーシエン
1枚 A・O・Jカタストル
1枚 TGハイパー・ライブラリアン
1枚 ナチュル・ビースト
1枚 氷結界の竜ブリューナク
1枚 ナチュル・パルキオン
1枚 ナチュル・ランドオルス
1枚 アーカナイト・マジシャン
1枚 スクラップ・ドラゴン
1枚 氷結界の竜トリシューラ
1枚 発条機雷ゼンマイン
1枚 No.39希望皇ホープ
1枚 インヴェルズ・ローチ
1枚 No.61ヴォルカザウルス
1枚 キメラテック・フォートレスドラゴン
  1. 2012/01/09(月) 12:33:51|
  2. 大会レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アケオメー(おそっ!)

アケオメー!
とかなりライトに行きます。




新年早々GS2012ですね。
開闢は当然として、何故剛健をノーレアにしたのか
もう「これはノーマルですキリッ」は飽きたよ………
とはいえ、墓守に必須なのに気楽に買えない値段のネクロバレーや、sinスターダストを使う上で問題だったスターダスト本体、高い需要に対して供給が追いつかなかった終末の騎士等々
やはり中身は中々良いものが揃ってますね!


海外新規の発条機雷ゼンマイン。
場に居るだけで相手の行動を強力にロック出来、環境に影響を与える力を持ってますね。
甲虫装機どもがまた強くなるな…………
高速展開の環境に歯止めを掛けると同時に、相手をしとめきれない時に作る強大な壁として甲虫装機に挑む人に立ちふさがります。
どのような対策をとれば良いか考えた結果、強制脱出装置に行き着きました。
普通に環境に合ったカードだと思うので、これからはメインから積んでいきます。


今年初の更新かなり雑になっちったテヘッ
  1. 2012/01/05(木) 11:00:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

強烈な忍者プッシュありがとうございました

次のターボの内容


■TU07-EN000 A・O・J カタストル
■TU07-EN001 月の書
■TU07-EN002 忍者マスターSASUKE ■TU07-EN003 イエロー・ガジェット ■TU07-EN004 X-セイバー パシウル ■TU07-EN005 幻獣の角
■TU07-EN006 ダーク・ホルス・ドラゴン ■TU07-EN007 ライトニング・ウォリアー ■TU07-EN008 原初の種
■TU07-EN009 大進化薬
■TU07-EN010 テールスイング
■TU07-EN011 歯車街
■TU07-EN012 ホーリー・ナイト・ドラゴン
■TU07-EN013 エビルナイト・ドラゴン ■TU07-EN014 コトダマ
■TU07-EN015 ゴキポン
■TU07-EN016 忍者義賊ゴエゴエ
■TU07-EN017 朱光の宣告者
■TU07-EN018 BF-暁のシロッコ
■TU07-EN019 忍法 変化の術
■TU07-EN020 忍法 空蝉の術



一人しかいないガジェット、月の書がウルトラ、カタストルがレリーフと、際物がかなり多いパックですね。
特にホーリーナイト・ドラゴン。
今までコレクターしか手にすることの無かったカードがノーマルですからね。
まさかノーマルレアとか‥‥?


ところでゴエゴエって日本のTPにも入ってたよね、そんなに人気なのか?
  1. 2012/01/04(水) 21:21:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。